本文へ移動
地域で共に暮らす 喜びをめざし
For joy to live together in an area.

Topics

RSS(別ウィンドウで開きます) 

人を大切にする経営学会さまが主催される『人を大切にする経営学会第8回全国大会』の分科会にて登壇させていただきます

2021-07-08
 この度、人を大切にする経営学会さまより依頼を受けて、『人を大切にする経営学会 第8回全国大会』の 分科会におきまして、当法人の田本武士事務局長が登壇させていただく予定です。
 本大会の統一テーマは、『ウィズコロナ時代の人を大切にする経営~SDGsとダイバーシティの観点を踏まえて~』とされています。
 私たちの基本理念・基本方針は、当法人に関係する全ての方々の幸せの実現を願い掲げられています。その基本理念・基本方針は、たとえコロナ禍であっても、決して揺るがない想いでした。拙い経験しかない私たちですが、これまでの実践を振り返ってみますと、自分たちにできることを常に考え、『正しいことを、正しくやり続ける』という『人を大切にする経営学会』の教えそのものだったように感じています。
 微力な私たちの誇れる特色は、過去10年を超える間、正規スタッフの離職者が0(ゼロ)であること。また、過去3年間のパートスタッフの職場定着率が92.7%(令和元年度に限っては100%)であることです。
 そんな私たちにとって、SDGsへの取組みはスタートしたばかりです。設立から20年を迎えた私たちにとって、SDGsへの実践は、これからの10年先を見据えた、活動への輝く指針だと捉えています。
 まだまだ未熟で、これから研鑽していかなければならない法人ではありますが、会員のみなさんと一緒になって『地域社会とSDGs』について考えることができれば幸いです。
 
1 日 時  令和3年9月11日(土)   10時00分~18時30分
             12日(日)  9時30分~16時30分
2 開催方法 オンライン配信のみ
3 対 象  人を大切にする経営学会会員の皆さま
4 発 表  内 容:第2分科会 研究発表3
       テーマ:地域社会とSDGs
       時 間:9月12日(日)14時10分~14時45分
       演 題:スモールステップではじめるSDGs~いつもの活動で幸せの付加価値を~
       発表者:社会福祉法人雲南ひまわり福祉会 事務局長 田本 武士

 なお、第1日目(9月11日(土))につきましては、どなたでも参加いただくことが可能ですが、第2日目(9月12日(日))に参加ご希望の場合は、人を大切にする経営学会へのご入会が必要となりますこと申し添えます。
 
  人を大切にする経営学会さまのホームページは『こちら』
  プログラムは『こちら』
  

『地域ケアリング(7月臨時増刊号)』に私たちの実践が掲載されました

2021-06-15
 この度、医療・福祉フォーラム(全日赤振興会講習会)実行委員会さまよりご依頼を受けて、『第44回医療・福祉フォーラム』において、当法人の田本武士事務局長がシンポジストとして登壇(オンライン)させていただきました。
 今回の本フォーラムは『介護報酬改定と社会福祉法人の連携』がテーマとされ、当法人の取り組みや島根県雲南市内の社会福祉法人の連携(雲南市社会福祉法人連絡会)等を話題にさせていただくことができました。当日の説明用資料につきまして、月刊誌『地域ケアリング(7月臨時増刊号)』に掲載されております。
 まだまだ微力ですので充分なことはできておりませんが、日頃感じている思いや心掛けていること、活動の一端を素直に書かせていただいております。
 ぜひご高覧いただければ幸いです。
   
 
  『第44回医療・福祉フォーラム』の案内は【こちら】 
  『地域ケアリング』(北隆館さま、ニュー・サイエンス社さま)のホームページは【こちら】
  
 

『会報「経営協」』に当法人の取り組みを寄稿させていただいております

2021-05-31
 この度、社会福祉法人全国社会福祉協議会さまと、全国社会福祉法人経営者協議会さまよりご依頼を受けて、両協議会が毎月発行される『会報「経営協」(5月号)』の特集にて、当法人の田本武士事務局長が寄稿させていただいております。
 今回の特集は、『SDGsと社会福祉法人~持続可能な社会に向けて社会福祉法人の力を活かす~』がテーマとされています。
 まだまだ微力ですので十分なことはできておりませんが、日頃感じている想いや心掛けていることを素直に書かせていただいております。
 ぜひご高覧いただければ幸いです。
 まだまだ心配の日々が続きますが、まずはご自愛専一に。みなさまのご活躍を祈念しております。

  会報『経営協』についてのホームページは【こちら】
  会報『経営協』への寄稿文は【こちら】
 

令和3年度「第44回医療・福祉フォーラム」シンポジウムに登壇させていただきます

2021-04-10
『連携』
 
 近年は特に、今後の飛躍に向かって馴染みのあるフレーズになっていますね。一方で『連携するのは大事だというのは分かるけど・・・』なんていう声もしばしば聞こえてきます。実際に連携して事業を行うこととなるとハードルが高いと感じられている方も多いのではないでしょうか。『連携』のハードルを高くしているのは『知らない法人さんと一緒に事業をすることで、自分たちの法人のことを知られたくない』といった不安が一番ではないかと思います。
 でも、人と人との交流や業務委託による外注先・仕入先さんとの関りなどは一つの連携と捉えることもできます。連携があるからこそ法人・企業の発展があり、連携は『幸せを実感してもらうためのサービスを創ること』『幸せになるための職場を創ること』に繋がってくると思っています。きっかけさえ掴めれば、きっと素敵な道標になりますよ。
 当法人もまだまだ微力で課題もたくさんあります。拙い経験しかありませんが、『連携』することで、深刻と言われる福祉・介護人材の不足を克服する一助となり、『人材の確保・定着・育成』に留まらず、地域の活性化に繋がっていくと確信しています。
 雲南市内の社会福祉法人で組織する『雲南市社会福祉法人連絡会』(以下「連絡会」といいます。)は、参加が任意のチームでありながら、その組織率は100%を誇ります。キャッチフレーズは
 
  『ALL UNNAN 地域の活性化を社会福祉法人から』
 
 地域の活性化を生んだ要因の一つが、社会福祉法人が実践する地域貢献活動だとしたら幸せですよね。
 
 今回は、連携事業を行った結果も含めて、当法人で実際に起こっていること、最近スタートさせている連絡会のニュープロジェクトのことも交えながら、人材の確保・定着・育成を目的に雲南市内の社会福祉法人で行ったプロジェクトの報告を行います。
 
1 日 時  
   令和3年6月11日(金)13:00~17:00

2 場 所
   日本赤十字社2階(東京都港区芝大門1-1-3)
           ※ただし、当法人はオンラインでの参加を予定しております。

3 当法人からの発表・提案のテーマ
   社会福祉法人の連携こそ大いなる可能性 
                            内なる目的は・・・ 
        ~幸せになるための職場を創りましょう~(仮)
   社会福祉法人雲南ひまわり福祉会 事務局長 田本武士
 
  開催要項は【こちら】
  株式会社北隆館さんのホームページは【こちら】
      
  ※新型コロナウイルスの感染拡大状況によって、変更になる場合がございます。

島根県知事さま、雲南市副市長(雲南市長職務代理者)さまへ、『ホワイト企業大賞』の受賞報告に伺わせていだたきました

2021-02-03
 この度、受賞させていただくことができました『ホワイト企業大賞』特別賞『一期一会賞』の報告のため、島根県知事さま、雲南市副市長(雲南市長職務代理者)さまへ、それぞれお伺いさせていただきました。
 ご多忙の中、貴重なお時間を割いていただいた上、私たちの拙い報告を真摯にお聞きいただきました。
 私たちは、まだまだ未熟で研鑽していかなければなりません。
  基本方針として掲げている
  ☆ 幸せを実感してもらうためのサービスを創りましょう
  ☆ 幸せになるための職場を創りましょう
 に向かって、邁進してまいります。
 皆さま今後ともご指導・ご教示のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

雲南市さんのfacebookは【こちら】
TERAMOTO社会保険労務士法人さんのホームページは【こちら】
当法人のトピックスは【こちら】
島根県知事丸山達也さま(左から2番目)と一緒に。また、同大賞応募に際し、推薦者のTERAMOTO社会保険労務士法人代表社員寺本健太郎さま(左から4番目)とも一緒に。
雲南市副市長(雲南市長職務代理者)吉山治さま(左から3番目)と一緒に
0
1
7
8
1
7
TOPへ戻る