本文へ移動

Topics

交流・憩いのスペース(土間リビング)にモニュメントを寄贈していただきました

2018-12-27
(有)リョウワ小林専務(左)と岡田真希スタッフ(右)
 本日、交流・憩いのスペースにモニュメントを寄贈していただきました。
 この交流・憩いのスペースは、平成27年度に社会福祉法人清水基金様からの助成を受けて、既存のテラスの改修を行い、土間リビング(カフェテラス)をコンセプトとして整備した場所です。整備前は人が集まることがほぼなかった場所が、今では大切なコミュニケーションの場所として活用され、わきあいあいとした雰囲気を創り出してくれています。
 この貴重な場所に、同スペースの工事でお世話になった『有限会社リョウワ』さまからのご厚意により、新たにモニュメントを寄贈していただきました。モニュメントの作製にあたっては、事前にお声掛けをいただいたところ、スタッフから『ぜひ愛称を考えてみては・・・』という声が出たことから、今回はスタッフを対象に愛称の募集を行いました。その後、選考委員会(管理者会)で厳正なる選考の結果、『ほのぼの広場』という愛称に決定しました。これからも永く、愛着のわく場所になってほしいという願いを込めて、表側に『ほのぼの広場』の愛称を、裏側には、今回『ほのぼの広場』の愛称を提案してくれた『岡田真希』スタッフの名前も彫っていただきました。当日は、簡単ながらちょっとしたセレモニーも行い、利用者さんスタッフのみんなから歓声と大きな拍手が起こっていました。
 整備のため助成をいただいた社会福祉法人清水基金様、そしてモニュメントを寄贈していただきました有限会社リョウワさんに心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
 
0
0
8
1
3
8
TOPへ戻る